新型コロナウイルス感染症に関する2021年度入試の対応について

◆新型コロナウイルス感染症等に罹患した場合の受験機会の確保について

新型コロナウイルス感染症を含む学校保健安全法で出席停止が定められている感染症の罹患等、以下の各項目に該当し、出願した入試を受験することができない場合は、試験日の15時までに入試広報課に連絡し医師の診断書を提出することで、後に実施する入試日程に入学検定料の振替が可能です。

なお、受験予定の入試日程以降に入試が無く、振り替えることができない場合は入学検定料を返還します。

振替可能な入試日程がある場合で、振替を希望しない場合は入学検定料の返還はいたしません。

<受験振替を行う事例>

・新型コロナウイルス感染症にかかり治癒していない者

・学校保健安全法で出席停止が定められている感染症(インフルエンザ・はしか)にかかり、治癒していない者

・保健所等から新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者に該当するとされている者(PCR 検査等の結果待ちの場合も含む)

・試験当日に検温し、37.5 度以上の熱がある者

・試験当日に検温し、37.5 度までの熱はないものの、発熱や咳等の症状があり、受験が困難と判断される者

◆スポーツ推薦入試、吹奏楽推薦入試における中止・延期となった大会等への対応について

スポーツ推薦入試、吹奏楽推薦入試において、出場予定であった今年度の大会やコンクール等が新型コロナウイルス感染症の影響により中止・延期となった場合は、目標に向けて努力してきたプロセスも含めて総合的に評価します。エントリーシート提出時に、志願者本人が任意様式(A4サイズ)で、部活動の中でどのような取り組みや努力を行ってきたのか記入し添付してください。

信長入試および各推薦入試における調査書について

信長入試及び各推薦入試の出願に際し、2020年12月までに実施する入試において、新型コロナウイルス感染症の影響による高等学校の臨時休校により、第3学年1学期又は前期までの成績付与が困難な場合は、第2学年修了時までの成績が記載された調査書を提出してください。