経営学部で会計のプロフェッショナルを目指す

資格取得実績(現役合格者)

公認会計士試験

(短答式試験+論文式試験)

19名合格

(2014~2017年実績)

公認会計士試験

(短答式試験)

23名合格

(2014~2017年実績)

就職実績

●会計研究部は2016年に初めての卒業生を輩出。会計のプロフェッショナルとして社会で活躍しています。

【2016年3月・2017年3月卒業生の主な就職先】

・新日本有限責任監査法人 4名  ・有限責任監査法人トーマツ 4名  ・PwCあらた有限責任監査法人 2名   ほか

経営学部(会計・ファイナンス領域)

●公認会計士と日商簿記検定1級の試験対策を授業内で実施、学内外の「ダブルスクール」に頼らないプログラムを用意

経営学部経営学科は、真剣に公認会計士や日商簿記検定1級を目指す方を対象とし、会計のスペシャリストを育成するクラスを設置しています。

現役の公認会計士が指導し、資格の取得を目指すのはもちろん、会計を通じて社会に貢献するために必要な能力を身につけることを目的としています。

会計のプロフェッショナルを目指す2つのクラス

日商簿記1級クラス

日商簿記検定2級を取得して入学した方を対象としたクラスです。大学合格後、入学前から一足早く日商簿記検定1級の学習をスタートして、1年生の11月に日商簿記検定1級の取得を目標にカリキュラム編成されています。
資格取得後は、身につけた会計の能力を活かし社会に貢献できるよう公務員、教員(商業)、その他資格の取得など様々な分野に自信を持ってチャレンジすることができます。「公認会計士クラス」へ進むことによって、公認会計士を目指すことも可能です。
(朝日大学在学中に日商簿記検定2級を取得した方も所属可能です。)

目指す職業

●一般企業の財務・経理のプロフェッショナル ●国税専門官 ●商業高等学校の教員  など


公認会計士クラス

日商簿記検定1級を取得して入学した方を対象としたクラスです。大学合格後、入学前から一足早く公認会計士の学習をスタートして、2年生の12月に短答式試験合格、3年生の8月に論文式試験合格を目標に、社会で貢献できるよき公認会計士になることをを最終目標にカリキュラム編成されています。公認会計士試験合格後は、IFRS、語学など様々な能力を身につけて、国際社会で活躍できる職業会計人を目指すチャンスもあります。また、公認会計士として、監査業務、コンサルティング業務、民間企業でのCFO(最高財務責任者)等として幅広く活躍する事ができます。(朝日大学在学中に日商簿記検定1級を取得した方も所属可能です。)

目指す職業

●公認会計士(税理士)
[監査業務、コンサルティング業務、民間企業でのCFO(最高財務責任者)などで活躍]

会計研究部

「公認会計士クラス」と「日商簿記1級クラス」の学生は、「会計研究部」に入部(選考あり)することで、充実した環境の中、公認会計士試験や日商簿記検定1級試験合格に向け十分な指導実績がある講師陣から個別指導を受けることができます。

会計のプロからから学ぶ

公認会計士の直接個別指導を受けられる環境が設置されているので、いつでも質問することができ、疑問を解決することができます。

充実のサポートシステム

部員一人ひとりにパソコンを貸与するだけでなく、さらに無償のWebサポートシステムを用意し、効果的な予習・復習を可能にします。

「専用学習室」の設置

常時利用可能な学習環境を保持するために設置しています。大学の授業の合間に集中して学習することが可能です。